MENU

今の花粉症治療で鼻づまりは治りましたか?

花粉症 マスク

当サイトへご訪問いただきありがとうございます。
このサイトへご訪問いただいたという事は、あなたは鼻づまりでお悩みなのだと思います。

 

花粉症のつらい鼻づまりをどうにかしたい・・・

 

そうお思いなのでしょう。

 

花粉が飛来する季節ともなればマスクをした人だらけ・・・
実に花粉症の患者数は国民の15%〜20%、およそ2000万人と推測されています。
まさに国民病です。

 

点鼻薬、内服薬、レーザー手術、様々な治療を行っても、花粉症が完治するわけではありません。
通院に掛かる時間やお金もバカになりませんよね。

 

もっと楽な花粉症の治療方法はないのでしょうか?

 

花粉症治療の一般的なものとは?

 

花粉症の治療方法として一般的に知られているのは、以下のようなものです。
きっとあなたも経験されている事と思います。

 

花粉症治療(薬剤療法)

花粉症にお茶?えぞ式すーすー茶がすごい!
▲平成22年度厚生労働科学研究補助金免疫アレルギー疾患予防・治療研究事業より

 

当然ですが、薬剤の多くは副作用のリスクがあります。
花粉症の場合、1週間程度の短期ではなく、長期間に及ぶ事があるため注意が必要です。
代表的な所では、眠気、口の渇き、いらいら感、不眠、吹き出物などが上げられます。

 

人工ステロイドの長期利用では、離脱困難や成長障害(子供の場合)などかなり深刻です。
また点鼻薬の多くは、連用による副作用(リバウンドによる症状の悪化)の出やすい血管収縮剤が配合されています。

 

花粉症の治療として点鼻薬を使用していて、最初の内は効いていたのに、段々効果がなくなっていった経験をされている方は多いと思います。
これでは本末転倒ですよね。
また薬を飲むと眠気に悩まされる人も多いようですね。

 

花粉症治療(レーザー手術)

花粉症のレーザー手術は、鼻内の粘膜を焼却する治療法です。
レーザー手術を行っている医院などでは当然ポジティブな情報が多いのですが、やはり良いことばかりではありません。

 

効果も2年程度、早い方では数か月で以前の状態に戻る事もあるようです。
またレーザーによる花粉症治療では、鼻の穴のカサブタで悩んでいる人が多いことも認識しておきましょう。
鼻水は治まっても、カサブタで鼻づまりになったのでは、そもそも何の解決にもなっていないと思いますね。

 

レーザー治療に関する口コミ情報

 

つまる所、現在の花粉症治療では完治はできないので、症状を抑える治療を行っているのです。
それにしも、点鼻薬が効かなくなる苦しみだけでも、何とかならないものでしょうか。

 

花粉症で鼻づまりがおきるメカニズム

 

花粉症に限らず、アレルギーが原因でおきる鼻づまりのメカニズムは一緒です。
スギ花粉などの異物が体内に侵入、抗原と呼ばれるたんぱく質が粘膜に浸透すると、リンパ球で抗体が作られます。
この抗体がヒスタミンやロイコトリエンといった、アレルギー症状を引き起こす物質を放出する事で、くしゃみや鼻水という花粉症の症状が発生するのです。

 

 

これら花粉症の症状は、体内に侵入してきた異物を排除しようと、人間が持っている免疫機能が過剰に働いてしまうことで引き起こされています。
という事は、このメカニズムの連鎖をどこかで断ち切る事ができれば、アレルギー反応を抑制できるわけです。

 

そこに着目して開発されたのが、(株)北の達人コーポレーションの「えぞ式すーすー茶」です。
(株)北の達人コーポレーションは、様々な機能性食品の開発・販売で評価の高い会社です。

 

お茶かよ!・・そうお思いですか?

 

えぞ式すーすー茶の紹介

 

えぞ式すーすー茶が、鼻づまりに有効な理由・・・
それは成分と配合比率にあります。

 

えぞ式すーすー茶の成分

バラ科の甜茶(てんちゃ)

眠気を引き起こさず、アレルギー物質「ヒスタミン」放出を抑制します。

 

クマザサ

抗菌力に優れ細胞膜を強化、免疫バランスを調整してくれます。

 

赤紫蘇

赤紫蘇に含まれるロズマリン酸が、グズグズ・ズルズルを軽くしてくれます。

 

 

花粉症のアレルギー反応の鍵となるヒスタミン放出を抑制できる所が、このお茶の凄い所です!

 

えぞ式すーすー茶の口コミ情報

実際に「えぞ式すーすー茶」を体験された方からの感想を一部紹介いたします。

 

37歳 N.Yさん

 

花粉症 解消 治療

毎朝起きたら最初にする行動が、鼻をかむことだった私。
「お茶なんかで・・?」と正直期待していませんでした。
しかし、飲み始めて数日で、寝ている間にスースー!
枕もとのティッシュを使わないで済む日が続いたのです。
さらに日中も使う回数が少なくなっていることにも気付きました。

 

ムズムズした不快感も忘れ、家事や育児に集中できるのが嬉しいです!
季節の変わり目には鼻の下を赤くしていましたが、その恥ずかしさともサヨナラできそう!
甘味があり、飲みやすいので水筒に入れて持ち歩きたいと思います。

 

37歳 M.Tさん

 

花粉症 解消 治療

私は幼い頃からずっと、くしゃみとズルズル・グズグズに悩まされてきました。
花粉の飛ぶ季節には、さらにひどくなり、体調が崩れることが当たり前になっていました。マスクを付け、薬を飲む治療の日々。
いつまで続くのか・・と悲しくなっていた時、この「えぞ式すーすー茶」に出会い、私の生活は変わりました。

 

それまで悩んでいた、くしゃみやズルズル・グズグズがほとんど気にならなくなり、快適な毎日を過ごすことができるようになったのです。感動しています。

 

えぞ式すーすー茶を購入するには?

えぞ式すーすー茶は、ノンカフェインの健康茶なので、薬と違って眠気などの副作用もありませんし、場所や時間を問わず手軽に飲むことができます。
花粉症に怯えず、スーと鼻が通る爽快感、口呼吸の息苦しさかの解放が期待できますね。

 

健康茶なので、花粉症に限らず薬での治療と併用しても問題ありません。
興味のある人は公式サイトで確認してみて下さい。

 

花粉症の鼻づまりに苦しんでいるなら、一度このお茶を試してみると良いです。
テレビCMなどをしていない為、知っている人は多くありませんが、隠れたヒット商品です。
当サイトからも毎日売れています♪

 

>>公式サイトで詳細を確認<<

 

 

えぞ式すーすー茶を実際に購入して試してみた!

えぞ式すーすー茶との出会い

我が家では、私と娘二人が、花粉症から来る鼻づまりに長い間悩まされて来ました。
花粉症の症状には色々ありますが、特に鼻水・鼻づまりがひどく、箱ティッシュが手放せない状態になるので、何とか良い治療法がないものかとインターネットで探していたんですね。

 

その時に見つけたのが「えぞ式すーすー茶」です。

 

最初は、「お茶かよ!」と思いつつ、駄目元で購入してみたのですが・・。
いやー、お茶でも馬鹿にできませんね〜。
個人差はあると思いますが、私の場合だと数日で効果が出始めました。

 

このお茶の特徴は、アレルギー反応のサイクルを途中で断ち切る成分が配合されている所です。
花粉症などのアレルギー性鼻炎に苦しんでいるなら、試す価値ありですよ。
このページでは、えぞ式すーすー茶を実際に使用した感想を紹介しています。

 

えぞ式すーすー茶の写真

 

▼えぞ式すーすー茶パッケージ

 

▼パッケージの中身、ティーパック方式ですね。30包入りです。

 

▼ティーパックです。

 

えぞ式すーすー茶の作り方

作り方1

やかんにティーパック1包と500ミリリットルの水を入れ、沸騰させます。
沸騰後に弱火で5分間煮出して、ティーパックを取り出します。
ティーパックを入れたままにすると苦くなるので要注意です。

 

作り方2

マグカップにお湯とティーパックを入れ、6分間浸してからティーパックを取り出します。

 

作り方1の方が、より効果は高いのですが、時間がない時などは作り方2でお茶を淹れています。
お好みに合わせて選択すると良いでしょう。

 

味の調整

ティーパックを入れたままにすると苦くなります。
このお茶は、ほんのり甘い味なのですが、冷やすと甘味が落ち着きます。
ティーパックを入れておく時間と、温度で味を調整します。

 

▼お茶の色はこんな感じ、普通ですよね。

 

▼娘と一緒に。うっすら甘いので子供でも大丈夫です!

 

えぞ式すーすー茶の効果・感想など

えぞ式すーすー茶を飲んでしばらくたちますが、作り置きしてちょこちょこ飲むと、より効果が高いような気がしています。
こういったお茶の場合、煮出したらすぐ飲む必要があるものも多いのですが、えぞ式すーすー茶は冷ましてもOKなので、小型のポットなどに入れて持ち歩いても便利ですね。

 

最近は、鼻づまりが良くなったせいか、寝ている時にイビキも改善したようで、妻も喜んでますね。
自分ではイビキは分かりませんが・・

 

味は、「美味しくて最高!」というわけではありませんが、普通に飲めます。
甘味のあるお茶なので、子供でも大丈夫ですね。

 

花粉症の季節には、鼻水・鼻づまりで憂鬱になっていましたが、解放されてご機嫌です。
駄目元で買ってよかった〜(笑)

 

アレルギー性の鼻づまりに苦しんでいるなら、一度このお茶を試してみると良いです。
テレビCMなどをしていない為、知っている人は多くありませんが、隠れたヒット商品です。
当サイトからも毎日売れています♪

 

>>公式サイトで詳細を確認<<